【PV数アップ】ブログでおしゃれなアイキャッチ画像を作る方法を手順付きで解説!

ブログ

どうも、シライシです!

ブログを始めると、
「おしゃれなアイキャッチ画像を作りたいな…」「そもそもどうやって作るんだ…?」という悩みが出てくると思います。

私も実際そうでした、難しいですよね(笑)

今回は、このブログを運営している私がおしゃれなアイキャッチ画像の作り方を解説します!

アイキャッチ画像に手こずっている人は、ぜひ参考にして下さい!

スポンサーリンク

ブログのおしゃれアイキャッチ画像の作り方を2ステップで解説

ステップで解説

まずは、実際にアイキャッチ画像を作る手順を順を追って解説します。

画像を探す

最初にアイキャッチに使う画像を探します。

私がアイキャッチに使っているのは「Storyset」というサイトです。
おしゃれなイラスト系のサイトですね。Storyset

海外の実写系なら「O-DAN」が一番有名です。O-DAN

自分のブログのイメージに合った画像を持ってきましょう。

他にもおすすめのサイトを以前まとめたので、お気に入りのサイトを見つけてみてください。

ブログのアイキャッチに使える!著作権フリーのおすすめ画像サイト20選
「ブログのアイキャッチ画像をどこからダウンロードすれば良いかわからない」という人に向けて、おすすめのフリー画像サイトを20紹介します。ジャンル別に、それぞれのサイトの特徴を解説しています。

Canvaで編集する

ゲットした画像をそのまま使うとおしゃれになりません!

画像はCanvaで編集しましょう。

無料で使えて画面も見やすいので、多くのブロガーさんが使っています。

実際にこの記事のアイキャッチ画像を作る過程を、順を追ってみていきましょう!

サイズを決める

まずは、サイズを決めるのですがこれがすごく大事です!

サイズ決めをミスると、記事の魅力が半減します。

アイキャッチ画像のサイズは、「はてなブログ アイキャッチ画像(1200×630px)」にしましょう。

Canva

デザインを作成→検索欄に「はてな」と打つと出てきます。

私はWord PressでCocoonを使っていますが、これでピッタリです。

だいたいのブログはこのサイズなので、これを選んでおけば大丈夫ですよ。

画像を入れる

続いて、選んだ画像を入れていきます。

左のメニューからアップロードを選択し、メディアをアップロードしましょう。

Canva

文字を入れる

画像をアップロードしたら、文字を入れていきましょう。

左のメニューからテキストを選択し、見出しを追加で文字を入れます。

文字は記事の内容を簡潔に表したものにしましょう。

Canva

色を設定する

すでに色がついていたり、画角いっぱいに画像がある場合は必要ないですが、私の場合はブログのイメージカラーの緑に合わせています。

Canva

左のメニューから背景を選び、色を指定すると…

Canva

こんな感じで、おしゃれなアイキャッチ画像が完成しました。

基本は同じなので、イラスト系じゃなくても応用できますよ!

おしゃれアイキャッチ画像のサンプルをブログのイメージ別に紹介

アイキャッチ画像 サンプル

ここからは、イメージごとにこんなアイキャッチ画像も作れます!というのを紹介していきます。

すべてCanvaで作れますよ!(タイトルは適当です!)
作り方を詳しく知りたいものはお問合せください!

イラストおしゃれ風

サチコを使いこなす7つのコツ

引っ越し業者

海外おしゃれ風

海外初心者におすすめ!

健康になるため

ブログのおしゃれアイキャッチ画像以外のサイズ(大きさ)

ブログのアイキャッチ以外のサイズ

アイキャッチの作成の際にサイズが大事だと言いましたが、アイキャッチ以外にも画像を作ることがあると思います。

Canvaは縦横それぞれサイズを決めることができるので、極論なんでも作れます!

私が今まで作ったものをサイズと一緒に載せておくので、良ければ参考にしてください!

Twitterのヘッダー:1000×400

Twitterは上下が切り取られるので、このサイズがベストです!

ブログのヘッダー:1900×400

おまけ→アイコン:1000×1000

こちらは、ゆみ(@youme0813)さんに描いていただいたものですが、アイコンとして大活躍しています!

ゆみさんありがとうございます!

スポンサーリンク

まとめ:おしゃれアイキャッチ画像はブログの顔!

アイキャッチは ブログの顔

ここまで読んでくださったみなさんは、おしゃれなアイキャッチ画像を作れるようになっていると思います!

みんなの目を引くようなおしゃれなアイキャッチを作りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました