webライターの仕事はつらい?未経験から始めた副業ライターのリアルな感想

webライター

どうも、シライシです!

今回は、webライターに興味がある人に向けて記事を書いていきます!

「webライターって自分に向いているのかな?」
「でも、つらいってよく聞くよな…」

 

こんなこと思っていませんか?

検索してみてもいろんな意見があって迷ってしまいますよね。

実際に副業webライターとして数万円を稼いでいる私シライシが、実際webライターはつらいのか、リアルな声を届けます!

この記事を読めば、webライターはつらいのか、あなたに向いているかが分かります。

スポンサーリンク

webライターの仕事でつらいところ

結論から言っちゃいますが、webライターの仕事はつらい部分もあります。
そもそも仕事をもらえなかったり、ダメ出しされたり…

まあ、どんな仕事でもそうですよね。

なるべく明るく紹介していきたいと思います!(笑)

最初は単価が低い

webライターって基本的に文字単価(1文字〇円)で報酬が決まるんですね。

だいたい1文字1円~が妥当と言われているんですけど、最初は1円以下の仕事で実績を作らないと厳しいです。

仕事を1つでもやった人と、全く経験がない人がいたら普通前者にお願いしますよね。

特に初心者は、最初クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスで仕事を探すと思います。

すると、1円以上の仕事って少ないんですよね。

実際探してみると…

↓全部↓

↓1円以上↓

こんなに減るんですよ。

1円以下の仕事をやっている間は、時給換算するとウン十円なんでこともあるので、つらいですね。

でも、1~2件そういう仕事で実績を作ればすぐに1円以上の案件を取れるようになります!

そこまでの辛抱ですね。

初めは執筆に時間がかかる

何事も慣れていないと時間がかかるものです。

文章を書き始めてみるものの、「これで合っているのか」と不安になり、消しては書いて…としているとあっという間に時間が過ぎる。

知らない分野だとリサーチもしないといけないので、さらに時間がかかります。

これも時給換算すると…って話ですね。

最初はつらいですが慣れると早くなってくるので、今ではこんなに早くなったか!と成長を感じることが多いですね。

初めのうちは作業時間を少しでも減らすため、自分の得意な分野を書くといいですよ。

webライターの仕事で楽しいところ

つらい部分を書きましたが、webライターの仕事は楽しい部分ももちろんありますよ!

知識が増える

自分の詳しくない分野はしっかり調べて書くんですが、やってると知識がついてきます

読者に分かりやすく伝えるため、自分の中で腹落ちするまで調べるんです。
そうすると自然と詳しくなっていくんですね。

私も以前、離婚関係の記事を書いていたんですが、離婚にすごく詳しくなりました。

慰謝料の相場とか財産分与のこととか。役に立つかは分かりませんが(笑)

あと、携帯キャリア系の記事を書いたときにめちゃくちゃ調べたので、その知識をもとに乗り換えて固定費を下げることも出来ました。

記事を書くためだけではなく、普段の生活にも良い影響を及ぼすのは想像以上にメリットが大きいです!

好きな分野で稼げる

これは他の仕事にはないメリットだと思います。

私はゲームと競馬が好きなのですが、どちらも本業ではまったく稼げません。

しかし、webライターの仕事ではゲームのレビュー記事競馬の攻略記事が書けました。

好きな分野のことを書いて、報酬までもらえるんです。

幸せすぎやしませんか?

自分の好きなことや人生経験が活かせるのが、webライターのすごく楽しいところです。

webライターの仕事内容

webライターの仕事と言われて、パッと思いつくでしょうか?

実際、文章を書くといってもさまざまな仕事があります。

今回は、大きく分けて3つ紹介していきますね。

記事作成

まずパッと思いつくのが記事作成ではないでしょうか。
レビュー記事ランキング記事などのサイトの文章を書く仕事ですね。

最初のうちは、この形態の案件を受けていくといいですよ。

マニュアルがしっかりした案件もあるので、いきなり受注しても型を学びながら書けるようになります。

構成がある程度決まっていれば書きやすいですよね。

構成から考えたり、画像選定があると予想以上に時間がかかってしまい、心が折れてしまう原因になります。

実際に私も記事作成の仕事から始めて、マニュアルで基本的なことを学びました。

編集・校正・リライト

編集・校正・リライトはすでにある文章を直すという認識でいいと思います。

「こっちの方が簡単そう!」と思った方もいると思いますが、文章の書き方が分かっていないと直し方も分からないですよね。

なので、記事作成の仕事で文章の書き方を学んでから受注するのをおすすめします。

ちなみに、私はよくわからずリライトの案件を受けて失敗したことがあるので、みなさんは注意してください。

リライトって何?初心者が知っておくべき正しいやり方を徹底解説!
「リライトって何?」と思う初心者の方も多いと思います。この記事では、リライトとは何か、正しいリライトの仕方を解説していきます。

シナリオ・脚本作成

シナリオ・脚本作成もwebライターの仕事です。

小説やドラマ、最近はYoutube動画の脚本を書く仕事も多いです。

見たことあるチャンネルの脚本ライターを募集していることもよくありますよ。

文章力・知識・構成力などさまざまな力が必要ですが、ある程度仕事をこなしたらチャレンジしてみるのもアリです。

webライターの仕事に向いている人

webライターの仕事内容を紹介しましたが、果たしてどんな人が向いているのでしょうか。

1つでも当てはまればwebライターとしての素質がありますよ!

文章を書くことが「苦」ではない

まずはここですが、決して文章を書くことが「好き」である必要はありません。

もちろん好きに越したことはありませんが、「苦」じゃなければ大丈夫です。

世の中には文章を見るだけでもイヤという人が山ほどいます。

「苦」じゃないというだけで大きな才能ですよね?

正確に物事を進めることが好き

webライターはクライアントの要望通りに文章を書く仕事です。

「です・ます」や「文字数」など細かく決まっている場合が多いですね。

マニュアル通り正確に文章を書いていくことが求められるので、そういうのが好きな人は向いていますよ!

情報収集が好き・好奇心旺盛

自分の好きなジャンルだけで書ければ最高ですが、詳しくないジャンルで記事を書くことも多いです。

その時には検索して出てきた1ページ目をすべて見るくらいします。

そのため「新しいことを知るのが好き」「気になったらすぐ調べちゃう」という人は向いていますね!

几帳面な人

みなさんも見やすい文章の方がいいですよね?

誤字脱字があったり、改行されていなかったりすると読みにくい文章になってしまいます。

そこに気が付いて直せる几帳面な人も、向いていると思いますよ!

素直な人

クライアントから修正依頼が来ることも珍しくありません。

その時に、素直にそのアドバイスを受け入れて吸収できるとメキメキ力がついてきます。

これが案外出来ない人が多いんですよね。

素直に人の話を聞ける人はwebライター向いてますよ!

webライターの仕事に向いていない人

webライターに向いていない人も紹介しますが、あくまで私の個人的見解なので、そこはご了承ください。

文章を書くのが「苦痛」

文章を書くのが「苦痛」だとさすがに向いていないと思います。

「1文字も進まない」「体調が悪くなってくる」くらいの人はやめておきましょう(笑)

他の分野で得意なものがあるはずです。

大雑把な人

大雑把な人もあまり向いていないかなと感じます。

誤字脱字が多かったり、納期が遅れたりすると、仕事なので成り立たないです。

意識すれば改善できる部分もありますが、ずっと意識し続けるのもツライですよね。

プライドが高い・自己主張が強い人

先ほどもありましたが、修正依頼が来ます。

自分の書いた文章が直されるということに、イライラしたり許せなかったりすると続けていくのは難しいかもしれません。

自分のスキルが上がるいい機会だ!と捉えて、素直に吸収しましょう。

未経験でwebライターの仕事を始める方法

ここまで読んで、自分はwebライターに向いている!と興味を持った人もいますよね。

未経験からwebライターを始める人は、クラウドソーシングサイトで動き出すのが良いと思います。

案件がすでにあるので自分から取りに行かなくてもいいですし、報酬も持ち逃げされないようにサイトが間に入ってくれます。

初心者にはメリットがたくさんあるので、まず登録してみましょう!

こちらの記事で詳しく解説しています!

副業webライターの始め方は?初心者にもおすすめの理由と具体的な手順を紹介
副業webライターがおすすめの理由と始め方を解説します。画像付きでクラウドソーシングへの登録方法も紹介します。
スポンサーリンク

まとめ:webライターの仕事はつらい以上に魅力的で楽しい

webライターはつらい?というテーマでしたが、webライターはつらいこともあるけど未経験でもできる魅力的な仕事です!

向いている人の特徴に1つでも当てはまったり、webライターって楽しそう!と思った人は、思い切ってチャレンジしてみましょう!

どうしても踏ん切りがつかない人はこちらの記事も読んでみてください。
きっと行動に移せると思いますよ!

【5秒ルール】「やる気が出ない」は悪いことじゃない!やる気に頼らず頑張れる方法とは?
やる気が出ない人向けの「5秒ルール」について解説します。人は5秒経つとやらなくてよい理由を探してしまうので、それに向けた対処法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました